目の病気は生活習慣も関係する?誘発される要因や対処法を紹介!

「目の病気と生活習慣との関係性は?」 「生活習慣によって誘発される目の病気ってどんなものがあるの?」 このような悩みをお持ちではないですか?

実は、目の病気と生活習慣は深い関係があるんです!

ここでは、目の病気と生活習慣の関係性や誘発される要因について紹介していきます。

どのような生活習慣が目に影響を及ぼすのか、また改善策についても解説していきます。

生活習慣を見直して、健康な目を維持していきましょう!

この記事では、以下の内容について解説していきます。

  • 生活習慣が誘発する目の病気
  • 目の病気を予防するための生活習慣
  • VDT作業での注意点
  • 目の病気から子どもを守る方法

生活習慣が誘発する目の病気3つを紹介

生活習慣が誘発する目の病気、代表的なものを3つ紹介します。

  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症
  • 白内障 

ひとつずつ特徴や原因について解説していきます。

生活習慣が乱れている・「目の調子が悪い」などに当てはまる方は、 ぜひ参考になさってください。

加齢黄斑変性はタバコや肥満が原因

加齢黄斑変性とは、眼球の後ろ側にある黄斑という部分が 障害を受けることで生じる病気です。 黄斑は、視力に重要な役割を担っている部分です。

黄斑が障害を受けると、視力が低下したり、ものが歪んで見える・見たい部分がみえない (中心が見えない場合は、中心暗点)といった症状が出てきます。

加齢黄斑変性は、加齢により引き起こされることが多い病気ですが、 生活習慣が引き金となる場合も。

加齢黄斑変性が起こる生活習慣

  • 喫煙
  • 肥満
  • 食生活の欧米化
  • スマホやパソコンの長時間利用 など

近年では、タバコやデジタル端末の長時間利用などで 年齢関係なく発症しやすくなっています。

目の健康を守るためにも、生活習慣の見直しを検討していくことが重要です。

糖尿病網膜症は、糖尿病が進行した結果起こる病気

糖尿病網膜症とは、糖尿病があり、 血糖のコントロールが不十分であった時に起こる病気です。

血糖コントロールが上手くいかないと糖尿病が悪化します。

血糖が高い状態が続くと、目や足先にいく細い血管がもろくなり、 目の中がむくんだり出血しやすい状態に。

糖尿病網膜症では、視力低下だけではなく、飛蚊症や目の前に霧がかかった ように見えるといった症状が現れてきます。

糖尿病にならない・悪化させないためにも、食生活の見直しなどが重要です。

白内障は加齢や酸化ストレスが原因

白内障とは、目の中の「水晶体」という光を通すレンズが濁ってしまう病気です。

そのため、光をうまく通せなくなり、視力低下・ぼやけて見える・まぶしく感じる といった症状が現れます。

白内障は、加齢によるものが多いですが、ほかにも様々な原因が。

白内障の原因

  • 加齢
  • タバコ
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • 薬によるもの
  • 外傷、紫外線 など

少しでも気になる症状がある場合は、早めの受診をおすすめします。

目の病気を予防するための生活習慣とは

目の病気を予防するためには、まずは生活習慣の見直しをすることが重要です。

目の健康を維持するために気を付けるべき点について紹介していきます。

  • 食生活の見直し
  • 適度な運動
  • 禁煙する
  • ストレスをためない、十分な睡眠をとる

ひとつずつ紹介していきます。

食生活の見直し

食生活を見直すことで、目の病気を誘発する肥満や 糖尿病を予防する効果が期待できます。

また、視力の改善は図れなくとも、目の老化を防止する抗酸化作用を補うことや 疲れ目を防止することは可能です!

目に良い栄養素は以下の通りです。

  • ビタミンA・・・目の網膜や粘膜を保護する。新陳代謝を保つ。
  • ビタミンB群・・・視力低下防止、疲れ目や充血の回復。
  • ルテイン・・・抗酸化作用。
  • ビタミンE・・・抗酸化作用、疲れ目の回復。

ひとつの栄養素を集中して摂るのではなく、 バランスの良い食事を心がけることが大切です。

適度な運動

目の健康を維持するためには、適度な運動を取り入れることも効果が期待できます。

運動を取り入れることで、生活習慣病の予防・目の酸素不足の防止につながります。

  • ウォーキングやストレッチといった軽い運動
  • 腹式呼吸をする

少しの心がけで目の健康を維持する効果が期待できます。

禁煙する

タバコは、血管をぎゅっと収縮させるため、血行不良の原因に。

目の血管は細いため、タバコを長く吸っていると血流が妨げられ、 十分な酸素が行かなくなります。

炎症や出血により網膜部分に障害が起こるのです。

高血圧といった生活習慣病や加齢黄斑変性を予防するためにも、 禁煙することをおすすめします。

ストレスをためない、十分な睡眠をとる

実は、ストレスが原因となり起こる目の病気があります。 「中心性漿液性脈絡網膜症」というものです。

この病気は、ストレスをきっかけにして起こる病気であり、 ものが歪んで見えたり、小さく見えたりします。

仕事のストレスや夜遅くまで起きていることは、 ストレスや自律神経が乱れる原因に。

また、目を酷使することは、疲れ目や眼精疲労につながります。

気分転換に軽い運動をする・夜更かしをしないといった ストレスを溜めない生活を心がけると良いです。

現代社会ではVDT作業を見直すことも大切

近年は、デスクワーク・在宅ワークの増加により、 パソコンやスマホ・タブレットを見る時間が増えています。

このように、パソコンやスマホなどのデジタル端末を使用することを 「VDT作業」といい、目の病気を引き起こす原因にもなり得ます。

デジタル端末は私たちの身近な存在であり、これによって引き起こされる目の病気は、 生活習慣が深く関与しているものだといえます。

目の病気を予防するためには、デジタル端末との付き合い方を考えることが必要です。

デジタル端末を使用する際の注意点を以下にまとめました。

【目の病気を予防するためのデジタル端末との付き合い方】

  • 時間を決めて作業する
  • こまめな休憩をとる
  • 姿勢に気を付ける
  • デスク周りの明るさに気を付ける
  • ブルーライトカット眼鏡の導入

ひとつずつくわしく解説していきます。

時間を決めて作業する

集中していると、どうしても使用時間が長くなってしまう スマホ・パソコンといったデジタル端末。

目の健康を維持するためには、時間を決めて使用することが望ましいです。

  • 持続時間は1回につき30~60分
  • 出来る限り毎日の使用は避け、目を休める日を作る

以上のように、長時間、目を酷使することは避けるのが良いです。

こまめな休憩をとる

30分~60分デジタル端末を使用した後は、目を休める行動をしましょう。

  • 休憩中は、遠くを見る
  • ストレッチをする
  • 目の周りや身体をマッサージする
  • 目を温める

以上のような対策をとることがおすすめです!

また、続けて作業をしたい場合は、1時間につき10分は休憩を入れることがおすすめです。

姿勢に気を付ける

VDT作業をする際は、姿勢にも気をつける必要があります。

集中すると、どうしても前かがみになってしまったり、まばたきを忘れてしまいます。 ドライアイや近視が進む原因となりますので、以下のような姿勢がおすすめ!

  • 椅子に深く腰掛ける
  • 背筋を伸ばす
  • 机に肘をつかない
  • しっかりと地面に足をつける
  • 画面と顔は30センチ以上離す
  • 画面は目の高さにくるようにする

休憩時間を利用し、その都度姿勢を整えることも良いでしょう。

デスク周りの明るさに気を付ける

暗い場所で作業を続けると、ものをしっかりと見ようとするため、 目は頑張ってピントを調節します。

このような状態が続くと、疲れ目・眼精疲労の原因に。 パソコンやタブレット等使用する時は、手元を明るくすることがおすすめです。

柔らかい明るさで、しっかりと手元を照らしてくれるライトとしては、 HoldOn OLEDデスクライトがおすすめです。

HoldOn OLEDデスクライトはこちら から

ブルーライトカット眼鏡の導入

スマホやタブレットから発せられるブルーライトは疲れ目やドライアイを誘発します。

目の健康を守るためにも、VDT作業を多く行う方は、 作業中のブルーライトカット眼鏡装着がおすすめ!

ブルーライトは、浴びることで体内時計を整えるというメリットもあるため、 完全に排除してしまうと睡眠の質を下げる恐れが。

ブルーライトをカットしすぎない眼鏡でおすすめなのが、Ai/Glassesです。

Ai/Glasses大人用はこちら

Ai/Glasses子ども用はこちら

子どもを取り巻く環境にも注意が必要!

近年、子どもを取り巻く学習環境も変化しつつあります。 ゲーム機器はもちろん、プログラミング・タブレット端末での学習も増えています。

気をつけていても、近視の子どもが増えているのが現状です。 学習環境や普段の生活を整えることで、 子どもを目の病気から守ることだって可能です。

目の健康を維持するためにも、視力に関連する生活習慣を整えていきましょう。

子どもの視力を守るための方法

  • パソコンやタブレットで学習する時は、ルールを決める
  • 普段から姿勢に気をつける
  • 夜更かしせず、規則正しい生活を送る
  • 外遊びも積極的に行う

こちらの記事も参考になさってください。

子どもの視力を守るためには、予防と早期発見が重要です。

まとめ

今回は、生活習慣が誘発する目の病気について紹介していきました。

近年では、食生活の欧米化や喫煙といった生活習慣により、 若い方でも加齢黄斑変性や白内障といった病気になります。

今回紹介した生活習慣病から目を守る方法をぜひ実践して、 生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

また、目の病気を引き起こさないためにも、 目に良い生活習慣を身につけていくことが重要です。

毎日のデスクワークや学習環境を見直し、 健康的な目を維持していきましょう!

Next article
日光と視力の関係性は密接?!分けて考えることができない理由とは?2022.06.15
Recommend
Category