幼児の視力は回復する?|平均視力や左右差についても詳しく解説

幼児の視力は回復する?|平均視力や左右差についても詳しく解説

幼児の視力について、正しく認識していなければ育児で不安を感じることもあるでしょう。

なぜなら、生まれたばかりの新生児はほとんど視力がなく、成長と共に視力が発達するものだからです。

幼児の視力が悪いからと悲観的にならず、正しい治療・矯正を受けさせれば視力が回復します。育児の際に慌てないように、幼児の視力について理解を深めておきましょう。

この記事では、幼児の視力について詳しく解説します。最後まで読んで、子供の視力問題を解消しましょう。

 

幼児の平均視力

幼児の平均視力は、生後数か月単位で変わります。生まれて間もない新生児期から、大人と同程度の視力になるまでの、幼児の平均視力は次の通りです。

  • 生まれてすぐの新生児/視力ほぼなし
  • 生後0か月から3か月/視力0.01
  • 生後3か月から4か月/視力0.1
  • 1歳/視力0.2
  • 2歳/視力0.5
  • 3歳から6歳/視力0.9から1.0
  • 8歳/大人と同程度の視力へ発達

生まれたばかりの新生児は、目がほとんど見えていません。1歳になった頃でようやく視力は0.2へ成長し、2歳で視力が0.5へ発達します。

視力が1.0になる年齢は6歳前後と小学校入学前です。大人と同程度の視機能へ発達するために、8歳頃まで正しく目を成長させなければなりません。

幼児の平均視力が低く、モノが正しく視認できていないことを理解して、子育てに励みましょう。

 

乳幼児期の視力の発達

乳幼児期の視力の発達は、まずほとんど視力がない状態から始まります。

生まれたばかりの新生児は、色を白黒・グレーのモノクロでしか認識できません。生後1週間ほどでようやく物の動きに反応できるようになり、親が顔を近づけると微笑んだりアクションを起こすようになります。

生後3か月になるとさまざまな色を識別するようになり、4か月目には視界の奥行きできる子が多いです。目と手の協調が始まり、物に手を伸ばして触ろうとするようになります。

生後8か月から1歳頃の期間は、目と記憶、動作の繋がりが強くなる期間です。過去の経験からおもちゃを触って掴んだり、シリアルやフルーツなど食べ物を自分で食べるように成長します。

6歳を目処に色や物の動きを正確に捉えられるようになり、8歳頃には大人と同程度の視機能へと発達するでしょう。

乳幼児期の視力の発達は、目まぐるしいものです。大切な乳幼児期の成長過程を見守り、正常に視力が発達していくか確認しておきましょう。

 

幼児の視力は回復する

幼児の視力が向上しない際は、治療を受ければ回復します。しかし、視力は何もせずに回復するものではありません。

視力の回復には、早期発見・早期治療が重要です。幼児は、斜視や弱視などしっかりと目が見えないケースは多く、成長過程を見守らなけれなりません。

幼児の弱視の割合は、50人に1人とかなり高いです。子供の視力に問題が生じた際に、回復させるコツを確認しておきましょう。

 

3歳児健診が重要

幼児の視力を回復させるためには、3歳児健診が重要です。

3歳時健診で子供の症状に気付くことが多く、弱視や斜視など幼児の視力に問題があった場合、早期発見ができます。

しかし、ほとんどの病院では3歳児健診を家庭にお任せすることが多く、眼科医で健診してもらうケースは少ないです。

せっかく目の病気が発覚する健診を眼科医で行わなければ、幼児の視力未発達を見逃してしまう可能性があります。

3歳児健診は眼科医で行って、幼児の視力に問題がないか診察してもらいましょう。

 

小学生までに回復させる

幼児の視力に問題がある場合、すぐに治療を受けさせましょう。

幼児から視機能が発達する「感受性期間」は、子供が小学生に上がる6歳から8歳ごろまで続きます。

感受性期間は、未熟な子供の視力を成長させる期間なので、弱視や斜視を矯正しやすいです。

最も視機能が発達する期間は生後3か月から1歳半ほどで、早期に治療を受けさせれば視力を回復できます。

子供は幼い頃に視力を矯正する方が視機能も回復しやすいため、早期発見・早期治療が大切です。

6歳をすぎると感受性期間が終わってしまい、視力の回復が難しくなります。子供の視力を回復させるために、3歳児健診を徹底して小学生までに完治させましょう。

 

子どもの視力矯正にメガネを使おうと考えている方、必見

子どもが視力低下の要因に自分で気づける新商品が登場!メガネに取りつけるだけ!姿勢や部屋の明るさを自動で検知し、震えて教えてくれるから、目に正しい習慣が身につく

詳しくはこちら👇 アイケアークリップ

https://aiglasses.tokyo/products/eyecareclip

 

左右の視力が異なる「不同視」について

子供が物を見えにくくなる要因として、左右の視力が異なる「不同視」が存在します。子どもの不同視は多く、早期発見・早期治療が大切です。

幼児の視力問題を解消するため、不同視についての理解を深めておきましょう。

 

視力の左右差

不同視」とは、左右の視力に差が生じることをいいます。物が見えにくくなったり日常生活に支障を来たしたりと不便を感じるでしょう。

視力の左右差が2D(ディオプトリー)以上あると、左右の目で捉える像のピントが合いません。視力の左右差は2Dまでが許容範囲とされており、2D以上の左右差がある状態を不同視と呼びます。

子供も左右の視力差が激しいと、よく見える方の目だけを多く使い、悪い方の目が発達しません。子供のガチャ目を治すためには、左右差を無くすためアイパッチや眼鏡による視力矯正が必要です。

 

不同視の症状

不同視になると、次のような症状が現れます。

  • 物が二重に見える
  • めまい・頭痛・吐き気・肩こりなど、目から来る健康不調が起きる
  • 視覚的な距離感がつかみにくい
  • 目が疲れやすい

左右の視力に差があるため、はっきりとピントが合わずに、物が二重に見えてしまいます。また、視力が合っていない状態で目を酷使すると、めまいや頭痛、吐き気や肩こりなどの健康不調へ発展するため要注意です。

物や人との距離感がつかみにくく、目が疲れやすくなります。

子供の不同視が発覚した場合、放置せずに眼科医を受診して治療を受けさせてください。

 

幼児の視力問題に気付くためのポイント

幼児の視力問題は、早期発見・早期治療が大切です。早めに幼児の視力問題に気付くために、次のポイントを確認しておきましょう。

  • テレビや本を見る時に、顔を近づけていないか
  • 目を細めて、見えにくそうな表情をしているか
  • テレビや本を見る時に、横目で見ていないか
  • ものを見る時に、顔を傾けていないか
  • 絵本などを根気よく見られないか
  • 絵や物などを見間違がえるか
  • 文字や行を読み間違わないか

上記のような症状がある場合、幼児の視力に問題がある可能性もあります。

子供が物を見えにくそうにしている場合、視力が低下しているかもしれません。子供が見えにくそうな仕草をしている場合は、早めに眼科医を受診して治療を受けさせましょう。

小学生までに治療を受けさせると、視力を回復させやすいです。幼児の視力問題に気付くためのポイントを押さえて、視力の成長に問題がないかチェックしておくようにしましょう。

 

まとめ|子供の視力問題は早期発見に努めよう

幼児の視力は、成長とともに発達していくものです。生まれたばかりの頃は、ほとんど視力がない幼児です。1歳には視力0.2へ成長し、8歳ごろには大人と同程度の視力へ発達します。

子供の視力に問題がある場合は、早期発見して治療を受けさせましょう。なぜなら、子供の視力が発達する「感受性期間」であれば、低下している視力を回復させられるからです。

早めに子供の視力を矯正するほど、視力が回復しやすくなります。3歳児健診では眼科医を受診させて、視力に問題がある場合は小学生までに回復させましょう。

小学生へ入学する頃は、すでに感受性期間が終了しているため、視力の回復が難しいです。

子供の視力問題は早期発見に努めて、早めの治療をオススメします。

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
ブログに戻る
1 3