【視力と度数を表す単位とは】一緒?!違う?!関係性を徹底解説します!

視力と度数の単位について、知りたくありませんか? 2つは一緒に見えて違うため、各々の特徴と以下の解説をします。

  • 合わないメガネのリスク
  • 度数の確認方法
  • 処方箋表記の見方
  • 視力と度数の関係性・Q&A

必見です。

視力とは

視力とは、対象物をどの程度鮮明に把握可能か数値化したものです。 1.0は目が良い、0.1は悪いイメージもあるのではないでしょうか? 見たものを映す網膜以外の手前や奥でピントが合えば、本来の視力は発揮できません。 見えづらくなる原因は、角膜や水晶体の屈折力異常や眼球の長さが伸びる等です。

一般的に視力は、アルファベットのCのようなマーク(ランドルト環)が 上下左右斜めのどの向きに開いているかの判別で測定します。

しかし0.01未満になれば、利用できません。 悪化した場合は、下記等を使います。

  • 指数弁 : 一定の距離から、立っている指の本数の見極め具合で判断
  • 手動弁 : 目の前で上下左右に動く手の 方向性を認識できるか調査
  • 光覚弁 : 明暗の識別を確認

度数の単位とは

度数は、 対象物が見えるよう矯正する際のレンズの強さの数値です。

ピントが合う距離をメートルで表したものの逆数にて算出可能で 屈折力D(ディオプター)という単位で表し、 近視は-(マイナス)、遠視は+(プラス)と記します。

例えば近視の方が裸眼で0.2m先がくっきり見える場合逆数は5(1÷0.2)で度数-5.00D、 1m先が鮮明な際は逆数1(1÷1)で度数-1.00Dです。

ディオプターの数字が大きいほど目からの距離が近い位置でピントが合い、 近眼が進行しています。

近視度数の目安は、下記です。

軽度(近視の進行度) -0.50~-3.00(単位 : D)

中等度 -3.25から-6.00

強度 -6.25~-10.00

最強度 -10.25以上

度数の合わないメガネやコンタクトレンズの危険性

一般的に矯正し、両目で1.0を目指します。 しかし度数の合わないメガネやコンタクトレンズの使用は危険で、 強すぎても弱すぎてもダメです。

リスクが2つあります。

目の不調

目に不調が出る恐れがあるでしょう。 度が強すぎれば周辺の筋肉へ余計な負荷がかかり、 弱すぎれば本来持つ裸眼の能力を発揮できず衰えさせるからです。 例えば眼精疲労や疲れ目、近視悪化のリスクがあります。

身体の不調

身体にも、悪影響を及ぼします。 目の筋肉は頭や顔、肩、首へ繋がっているからです。 倦怠感は、度数の合わないメガネやコンタクトレンズ使用の警告かもしれません。

眼精疲労の悪化は、頭痛や吐き気、肩・首コリ になる恐れがあります。 リスクを避けるためにも、自分にぴったりの度数選びが大切です。

度数の確認方法

商品のパッケージに記載の数値を調べる、 矯正器具購入店舗で視力測定し、度数も確認する方法があります。

1番は眼科で調べると、安心です。 専門的な検査を受け処方箋をもらうと、正しい視力と度数が理解できるからです。

自身の目の状態を把握した上でメガネやコンタクトレンズを買う方が、良いでしょう。

処方箋:度数表記と単位の解説

眼科医による処方箋の度数表記が、不明瞭と思う方もいるかもしれません。 各用語を解説します。

球面度数「SPH(S)」

球面度数とは、近視や乱視の矯正に必須な度数です。 数値が大きいほど裸眼との差があり、度が強いことを意味します。 SPH= Spherical Lens(球面レンズ) の略で、S と表記される場合もあるでしょう。

単位はDです。

RとL

Rは右目、Lは左目を指します。 RightとLeftの略です。

円柱度数「乱視度数/CYL(C)」

円柱度数(乱視度数)とは、乱視の矯正が必要な対象者に書かれます。 例えば片目だけ乱視傾向の場合は左右どちらかのみに記され、 無症状の際は何も入力されません。

CYL= Cylindrical Lens(円柱レンズ)の略で、Cのみ書かれることもあります。 単位はDです。

円柱軸「乱視軸/AXIS」

円柱軸(乱視軸)は、乱視度数を設定する方向性を決める指標です。 1〜180°までの角度で表現し、誤った決定は以前より見えづらくなる恐れもあります。 AXIS=軸で、「Ax」や「A」と略される可能性もあるでしょう。

FOR DISTANCE(遠用)とFOR READING(近用)

FOR DISTANCEは遠く、FOR READINGは 近くを見ることに特化した度数です。 前者は近視と遠視、乱視用で、後者は老視の方向けに使用されます。 近用は、遠くが見えづらいです。

瞳孔間距離「PD(Pupil Distance)」

PDは、左右の目の瞳の真ん中から顔の中心線までの距離をいいます。 右と左で異なる場合もありますが、一緒であれば合計数で記載されるかもしれません。 例えば次のようになります。 右PD33mm+左PD33mm=PD66mm 瞳孔間距離の単位は、ミリメートルです。

視力と度数の関係性とは

視力を正常に近づけるため、度数で調整するという関係性です。 ただ「度数から視力」、「視力から度数」を素人が完璧に求めることはできません。 同じ視力でも各個人の目の構造や長さは違い、適正値は異なるからです。

でも、目安で良いから知っておきたい方もいるでしょう。 次の表をご覧ください。

0.6 (視力) -0.5 (コンタクト度数 : D)

0.5 -0.75

0.4 -1.0

0.3 -1.25

0.2 -2.0

0.1 -4.0

0.05 -8.0

0.04 -10.0

計算式は、下記です。

コンタクトの度数= 0.4÷視力 視力=0.4÷コンタクトの度数

しかし個々の目の特徴は違い信頼性の高いデータではないため、 正式な情報は眼科の検査で確認しましょう。 参考程度に、ご活用ください。

なお瞳とレンズの距離が違うため、 眼鏡とコンタクトの最適な度数は一致するとは限りません。 手持ちと別種類の矯正器具購入時は、ご注意ください。

以下は目安です。

出典:ホット販売

視力と度数のQ&A

視力と度数について、Q&Aにしました。

Q:度数の対応範囲は?

A:商品によって異なります。 度数が高くなると、レンズも分厚くする必要があるからです。

各メーカーの対応範囲や矯正器具の特質で、違います。
例えばコンタクトの場合直接瞳に装着するため、 厚すぎるとつけづらく外れやすくなるのです。

希望製品を取り扱うメーカーへ、直接相談した方が良いでしょう。

Q:視力Aはいくつ?

A:1.0以上の視力を指します。 一部を例外に現在0.1刻みの視力は、 日本の学校における検査結果の報告書へ記載しなくなりました。 代わりに登場したのがA~Dの4段階で知らせる、「370(サンナナマル)方式」です。 従来の視力0.3と0.7、1.0を基準に振り分けられます。

A (判定指標) 1.0以上 (詳細な視力) 問題なし (生活面への影響)

B 0.9から0.7 ほぼ支障なし

C 0.6から0.3 教室での授業で見えづらく、困る可能性あり

D 0.2以下 1番前の席でも黒板の字が認識しづらい

A以外は、医学上も正常な視力と認識されません。 近視や遠視、乱視、その他目の病気等が原因で 良く見えず、 勉強に身が入らない状態はもったいないです。

視力検査の結果に心配な点があれば、 子どもの将来のためにも早急な眼科の受診で対策を練ることをおすすめします。

さらに普段の生活でも、 目に良い生活を送るサポート可能な Ai/Glasses(エーアイグラス)等のメガネを使うと万全です。

対象物との距離が近い・暗い場所でものを見ていると、振動で教えます。

■ 大人用はこちら

■子ども用はこちら

既にメガネを持っている場合は、手持ち商品につけるだけで簡単に 上記機能を体験できるアイケアークリップもあります。

レンズ交換の手間も不要です。

■アイケアークリップはこちら

視力と度数は違う

視力は、物体をどの程度鮮明に把握可能か測る指標です。

度数は正常にものを見ることができるように矯正するパワーを意味し、 単位はD(ディオプター) 合わないメガネは、目と身体の不調に繋がる危険性があります。

度数は商品パッケージや店舗、眼科の検査で確認可能で、 処方箋の用語には様々な意味があります。

視力を補助する役割が度数だが片方をきっかけに もう一方の値を素人が完璧に導き出せないため、眼科での検査が有効です。 度数の対応範囲は各製品により異なり、視力Aは1.0以上を示しています。

視力と度数は違う点を、お伝えしました。 本記事が目の健康を考えるきっかけになれば、嬉しいです。

Next article
「名医が回答!子どもの“目”Q & A」 自粛期間中はずっと家にいた子ども。視力に影響は?生活習慣2022.05.14
Recommend
Category